ゑびや瓦版NEWS

隅田川花火大会と屋形船

屋形船

2018-07-29

隅田川花火大会は江戸時代に八代将軍徳川吉宗が打ち上げた「両国川開きの花火」を起源とする日本最古の花火大会と言われています。

伝統と格式のある隅田川花火大会、毎年ゑびやの屋形船もお客様を乗せて出船しています。隅田川に東京、千葉、神奈川の屋形船が集まる花火大会、船頭たちも緊張の一日、気合いが入ります。陸でも場所取りがあるように屋形船も場所とりがあり、潮の流れや高さを考慮しつつ、船体同士の距離感を見て錨を決めていきます。一番恐いのは潮が変わること、時間の経過とともに潮の流れも変わり、少しずつ船の向きや場所が変わるので、船頭は川の流れを見ながら近くの船とコンタクトを取り合います。今年は台風の影響で一日ずれましたが、中止とならずに開催されました。

東京の夏の風物詩、隅田川花火大会。陸でも川でも毎年事故なく綺麗な花火が見られますように。

 

ゑびや芝浦 舟遊び推進課